公共型の老人ホーム紹介

  • 公共型の老人ホーム紹介

    • 老人ホーム紹介と言ってもその種類はたくさんあります。大きく分けると公共型の老人ホームと民間型の老人ホームに分類されます。



      では公共型の老人ホーム紹介をしたいと思います。


      公共型の老人ホームには、特別養護老人ホームがあります。

      要介護3認定以上の方が、入所の条件となります。特例として要介護2以下の方でも、独居高齢者や老々世帯の要介護者は入所できる可能性があります。


      特別養護老人ホームは入所すれば、基本的に終身で利用することができます。
      寝たきりや認知症などにより、在宅での生活が困難な方が、介護職員に食事や排せつ、入浴などのケアを受けて生活する場所になります。

      利用料金はおよそ10万円前後と、安価なものになっています。

      次に介護老人保健施設があります。こちらは要介護1以上の方が入所の条件となります。

      病状が安定し、治療の必要のない方が入所し、ケアを受けながら在宅生活復帰に向け、リハビリを行う施設になります。
      したがって終身で利用することはできず、3ヵ月から1年程度で退所しなければなりません。
      特別養護老人ホームに比べ、リハビリ代が加算されますので、およそ14万円前後の利用料金となります。
      次に介護療養型医療施設があります。こちらも要介護1以上の方が入所の条件となります。


      病状が安定しているものの、長期にわたり療養(経管栄養やたん吸引など)が必要な方が入所し、医療的ケアを受けながら終身で利用することができる施設です。


      この他、低所得の方が利用条件の養護老人ホームもあります。



      お住いの市区町村、地域包括支援センターなどに問い合わせれば、老人ホーム紹介を受けることができますので、よくご検討ください。



  • 関連リンク

    • 高齢になっても在宅で生活し続けることが出来れば、それに越したことはないでしょう。平均寿命が長い長寿国の日本においては、その反面少子化や核家族化が進んでいる現状があります。...

    • 長寿国日本においては、高齢になっても自宅で元気に過ごしている人もたくさんいます。毎日の運動や栄養バランスのいい食事を摂り、自宅に籠らずに出かけたり人との交流を持ち続けて健康年齢を高齢になっても保っている人はたくさんいます。...